スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンテナンススタンド

これから自分でメンテナンスしていく上であったほうがいい物のご紹介。

知らない方の方が少ない?メンテナンススタンドです。 私はカメテツ君からバイク用スタンドがある事を教えてもらいましたが^^;


2013年式Ninja250には旧型と同じくスイングアームにフックボルトを取り付けられるように穴があります。
旧型と同じ設計かkawasakiのお客様相談窓口に聞いた所、「恐らく旧型と同じなので旧式で確認が取れてるフックボルトなら大丈夫でしょう」との事。それなら・・・

メンテナンススタンド①
J-Tripのメンテナンススタンドが使えますね。メンテナンススタンドの型番はJT-125WTです。あわせてフックボルトを受ける為のフックの部分も購入する必要があります。こちらの型番はJT-107Aです。

フックボルトはJT-107Hを購入。パッケージの対応一覧にもNinja250が記載されてます。ボルトはM10のピッチが1.25みたいですね。フックボルト?ただのボルトで十分!って方は参考にしてくださいな。
取り付けは六角レンチひとつで十分・・・と思いきや、工具以外にも色々必要ですよコレ。

ボルトの規格は合ってるはずですが、ネジ山にも塗装が乗ってるのかボルトがスムーズに入っていきません。
最初は規格(ピッチ)が違うのかと思いましたが、ホムセンで見る限りM10でピッチが1.25以下のボルトは無さそうです。ネジ山を潰さないかハラハラしつつボルトとネジ穴にオイルを塗って締めては緩め、締めては緩め、たまにパーツクリーナーでネジ穴を綺麗にして麺棒で鉄屑を取り除いてを繰り返しながらボルトを入れていくと、塗装が剥がれて綺麗な金属面が出てきました。

メンテナンススタンド②
きれいにしてもスムーズに入る事は無かったですが、ネジ山は潰れてなかったので大丈夫でしょう!
まぁ一気にボルトを締めこむのはやめたほうがいい気はします、結構鉄屑みたいなの出ましたし。
それでも心配な方はK-FACTORYさんから2013年式Ninja250専用フックボルトが販売されてますのでそちらを購入してみるのが良いかと。

メンテナンススタンド③
フックボルト受けをメンテナンススタンドに取り付けて準備完了!・・・て、あーこの写真のフックボルト受けは左右逆に取り付けてますね^^;正確にはスタンドを掛けた時長いほうが前に来ます。

スタンドの掛け方、外し方はJ-Tripさんのサイトに載ってる動画を見るのが手っ取り早いですヨ。

まぁ折角ですし簡単に・・・

メンテナンススタンド④
まず、サイドスタンドは払う事は一切ありません!出しっぱなしでOKです。

・バイクはサイドスタンドで支えられてる状態でメンテナンススタンドのフックボルト受けをフックボルトにあてがう感じでセット。メンテナンススタンドは斜めになってるけどキニシナイ。

・バイクの右に立って少しずつバイクを直立させる。

・右手はグリップ、左手はタンデムステップの根元辺りをがっしりつかんで足でメンテナンススタンドを踏み込みつつ左手を上に持ち上げるとアラ不思議!顔を真っ赤にしなくても比較的軽々スタンドを掛けられます。

メンテナンススタンド⑤

これでメンテナンスが捗りますね!Ninja250オーナーさんは是非とも導入を!

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

こんぬつわ!(`・ω・´)

Mack

Author:Mack
ようこそ!

|ω・)ノ 覗いてくれた人達
面白い人達
最近の更新
カテゴリ
最近のコメント
記事一覧

2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【5件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。