スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kawasakiか・・・

Ninja250乗りの皆さんにはお知らせが届いておりますね


サービスキャンペーンのお知らせ…
DSCN0131.jpg

Ninja250にはスイングアームにクランプが生えてるんですよね。その一部にキャリパに干渉する恐れのあるクランプがあると…
まだ正式にチェックはしてませんが、普段お世話になってるバイクショップでは「問題ないね」の回答。購入店には昨日火曜日に持ち込む予定だったんですが、あいにくの雨(ピンポイントに火曜日だけ降りやがってぇ…



そんなサービスキャンペンより深刻なトラブルが発生しておりまして…




さかのぼる事大阪ツーリングでの出来事。1号線の始点、東京から気づいてた症状なのですが

・スロットルの遊びが異常に多い
・スロットルを回していくとどんどん重くなる
・スロットルを放してもスムーズに戻らず手で回さないと戻らない事もある


特に3つめが致命的です。スロットルが戻らない→減速しない 訳ですから初めて気づいた時は焦った焦った…
野暮用もあったので洗車をしてバイクショップに白忍君を入庫。

原因を先にお話しすると『スロットルのワイヤードラムにワイヤーがちゃんと乗ってない事』が原因だったそうな…

DSCN0126.jpg
スロットルを右側に寄せているので左側に隙間ができてますが、問題が起きた時は右側に隙間が出来ていてその隙間がワイヤー径より大きかった為にワイヤーが落ちてしまったようです。ワイヤー長が狂って緩くなったせいで遊びは多いしアクセルは回していくとどんどん重くなるし、手を放してもアクセルが戻らなかったんですね。

ワイヤーが脱落しないようにワイヤードラムに切れ込みがあれば、もしくはカブ110のスロットのようにガイドがあればこんな事は起きません。元に戻すだけではまた脱落するのは目に見えてるので、
DSCN0127.jpg
こんなスペーサーを試作。


DSCN0128.jpg
こうしておけばワイヤーが脱落しません。試作なので最後は金属から削り出して製作。


じゃー脱落防止用の溝でもあれば問題なかったのに、なんでこんな完成度のパーツを出したのかっていうと、やっぱりコスト削減の影響だそうな…
ここだけではありません。元々ついていたチェーン、有名どころのチェーンメーカーのOEMではなくどこぞの分からない海外メーカーのチェーンもあって間延びが激しく、一度間延びをしてしまうとドンドン酷くなっていく一方だという事でそのうちF,Rスプロケとハブダンパーと合わせて交換です。。。

ドンドンお金が飛んでいきますが、快適に走る為なら仕方ないですね(´・ω・)=3フゥ…
整備が終われば絶好調!頼むから大きい出費は出ないでくれよ~と祈る今日この頃(盆栽バイクにすれば金は掛からないんじゃない?笑
スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

Ninja250にシガーソケット取り付け

白忍君で走り回るという事は、自然と行動範囲も格段に広くなりますよネ。
超絶方向音痴な自分にとって地図を持つという事は至極当たり前のことですが、折角役立ちガジェットを持ってるんだから。


Nexus7.jpg


こいつで地図表示させればよくね?という事で、電子地図(Google Map)を持ち歩くことに決定
GoogleMapのアプリとNexus7の連携はバイクツーリングにピッタリなんですよ!ジャイロセンサー、電子コンパス、GPS搭載は伊達じゃない!

…と思っていた時が私にもありましたorz 詳細に関しては最後に解説しましょう ・゚・(つД`)・゚・


『Docomoのwifiルーターも契約してるし、タブレットが入れられるタンクバックを買って、常に表示させておけば地図代わりになるじゃん!現在地もリアルタイムに分かるし。』
という算段。しかし明るい屋外で使うにはNexus7の輝度をMAXにしてGPSも常にONにしないとあかん訳です。


そうすると心配になるバッテリー。こりゃー




シガーソケット、つけるしかないやろ!(`・ω・´)



という事で、今回は白忍君にシガーソケット(電子機器の給電装置的な)を付けます。参考になればと思い記事に起こしておきます。

うーむ…しかし電源をどこから取り出すか…(´・ω・)

Q:ホーンから取り出しちゃえば?何かあっても安全だし
A:配線ぶった切るのは嫌

Q:ラジエータから取り出しちゃえば?何かあっても(ry
A:配線ぶった切るのは(ry

Q:ヒューズボックスから取り出せるようにする奴あるじゃん、あれでよくね
ヒューズから取り出し
A:ヒューズボックスの蓋が閉まらなくなるから却下!閉まるように加工するのは論外!

Q:ほら、タンデムシート下に変なカプラあったじゃん、あれから取れないかな
故障診断コネクタ
A:カワサキ故障診断コネクタだから電源は取れんよ

Q:もう面倒だしバッ直(バッテリーから直接)すればよくね?面倒だし
A:キーON連動で起動するようにしたい。そのうちレーダーもナビも付けたいしね


キーONで連動するように組むなら適当な場所からアクセサリー電源取り出してリレー回路組めばいいかぁ、バッテリー上がりの心配もないし…



こんなことをウンウン唸りつつ何処かいい取り出し場所が無いかサービスマニュアルを見ながら模索。。。


発見!
メインハーネス物色中…ん!?
28番のカプラ…これは…

『ライセンスプレートライトリード線コネクタ』
カプラ噛ませれば配線ぶった切る事はない!しかもリレー収まるスペースもありそう!これに決定!

という事で回路決定
配線図
(クリックで拡大)

解説するまでもない、青色線と右の黒色線に電気が流れれば赤色線とオレンジ色線と左の黒色線に電気が流れる仕組みです。


…と、頑張って回路を考えた!と思ったら、先駆者はいるようで\(^o^)/

[Ninja250R] シガーソケットを取付けてみた

私が作った図説よりわかりやすく、写真付きで乗ってます。是非一読あれ!




先駆者がいるんだし…もう解説、いらねんじゃね?


いやいやここまで来たんだし、カウルの外し方位書いといてもバチは当たらないでしょ!という事で続行します(笑)


カウルを外す前に!今回使ったパーツ、工具のご紹介
・六角レンチセット
 カウル外す時に複数種類の六角レンチが必要
 個人的にお勧めはgrungeのレンチセットです(型番:grunge-hex-wrench)
・ソケットレンチセット
 精度の良いモノを用意して下しあ。自分は安物を使ったばっかりに(つД`)
・エーモン ターミナルセット (型番:E2)
 これが無きゃ配線の末端処理が出来ませんヨ
・シガー Dcstation NSMS-001
 今回は2連シガーをチョイス
・エーモン リレー (型番:1245)
 これがなくちゃキー連動ONが出来ませんヨ
・エーモン Y型接続端子 (型番:M259)
 ACCとして使うライセンスライトの配線に使います
・エーモン カプラー2極(ロック付・110型) (型番:1198)
 ACCとして使うライセンスライトを無加工で利用する為に使います
・エーモン 配線コード (型番:1175)
 マイナス線。色々調べて1.25スケアで大丈夫じゃろという結果に落ち着きました
・エーモン 配線コード (型番:1174)
 プラス線。同上
・エーモン ヒューズホルダー (型番:B138)
 リレーからシガソケ間に入れてます。まぁシガソケの中にもヒューズがついてるようなので必要は無いですが、念のため
・エーモン 管ヒューズ (型番:1256)

・エーモン ギボシ端子セット (型番:1152)
至る所で使います。上記のターミナルセットに入ってるとはいえ

・ビニールテープ
 キボシで接続したところに固定も兼ねて巻く為に使います。
・時間
 まったりやるには4時間は用意した方が…え?1時間もあれば十分だって?
 真面目な話、カウル着脱、配線取り回し、キボシ処理、通電テストetc...拘れば拘るほど時間がかかるので、朝からやって、まー昼位には終わればええやろ!位のノリがいいと思いますヨ。
 間違っても夕方からはやっちゃあかんです!ええ、夕方からやって間に合わなかったので。


さて、材料が揃ったらカウルの取り外し。

シガー取り付け①
まずはリアシート取っ払っちゃいましょう。後々邪魔になりますし

次にインナカウリング取り外し。
シガー取り付け③
ハンドル右に切っちゃってるんで隠れてる所もありますが、一応○で囲っておきました。
赤○7カ所と紫○2カ所取り外し。赤○はクイックリベットで紫○はボルトで止まってます。

ボルトは
間違えないように!
黒いボルトを外してね!シルバーは放置でOKです。

クイックリベットは
シガー取り付け④
こんな感じでロックが解除されるので、爪でひっかけて抜きます。

次に右ロアカウリング取り外し
シガー取り付け②
黄色○2カ所と赤○3カ所取り外し。黄色○はクイックリベットなのでマイナスドライバーで取り外します。ちなみにマイナスドライバーを使って取り外すリベットはここだけしか使われてません。
ピンク線は爪のある所で、無理矢理外すと折れますヨ。

次にシートカウル取り外し
シガー取り付け⑤
赤○1カ所取り外し。緑○はグロメットにカウルの爪が刺さってます。

ここで注意!気を付けて外さないとこの写真の一番左の緑○の爪が折れます。

シガー取り付け⑥
うーん言葉にするのは難しい…要はシートを上にあげて、爪の位置を把握しつつ慎重に外してねって事で^^;
一度やれば感覚は分かるはず、3度目の着脱で爪折りましたが(交換済)
爪を折って交換する場合シートカウル+内側に貼ってるパッドも購入する必要があるんで結構なお値段しますよ!

次にシート取り外し
シガー取り付け⑦
赤○1カ所(反対側にもう一カ所)で止まってます。

次にタンクサイドカバーの取り外し
シガー取り付け⑧
赤○2カ所取り外し。紫○はグロメットにカウルの爪が刺さってます。ハンドルに隠れて見えずらいですが紫線は爪で別のカウルに引っかけてありますので注意して取り外して下さい。

次にようやく大物、ミドルカウルの取り外し
シガー取り付け⑨
ライト下を覗いて赤○1カ所取り外し。

シガー取り付け⑩
赤丸○3か所と紫○のリベットを取り外し。ライト周りの赤枠はグロメットにカウルの爪が刺さってたりカウルの爪が引っかかってたりしてるので緑矢印の始点あたりから上に持ち上げる感じで慎重に外してください。

ここで注意!
このまま思いっきり引っ張るとウインカーの配線ももぎ取れます。カプラ接続してるのでカウルが外れたらカウルを抱えつつカプラを外してね!

次に
シガー取り付け⑪
赤○2カ所を取り外すとカウルの取り付け台が外れます。緑○のネジを取るとハーネスまとめてる部分が外れます。その下にバッテリーがあります。

ちなみに、画像だとタンデムシート周りのカウルも外れてますが、確か外す必要はなかったはず…^^;
まぁ外す必要があったとしてもクイックリベット数本とボルト数本とグロメットにカウルの爪が刺さってるだけで特に難しい工程は無いですヨ。



これでシガーソケット取り付け準備完了!





そう、ここからようやくシガーソケットを取り付けることが出来ますヽ(´ー`)ノフルカウル車はこういう事は大変じゃぁ…



さーて、まずはシガーソケットの取り付け位置選定。ハンドル周りに取り付ける方が多いですが今回使用してるシガーソケット君
シガーソケット君

シガーソケットのフタのゴムがすぐ劣化して飛んでってしまうシロモノ(らしい)...製品自体は問題ないし、固定穴もあるし劣化を防げればいいんですよね



という事で



シガーソケットの位置
ココに決定

一見使いにくそうに見えますが、シガーソケットなんてハンドル周りにつけたところでしょっちゅう使うわけじゃないし、何より接続しながら雨風も防げる!
一番の決定打となったのは、うまい事ここにバイクのフレームが通っていて、ハンドル思いっきり切っても干渉しないんですよ、スゴイでしょ?



という事で耐熱屋外用両面テープを張り付けて、タイラップで固定して
配線取り回し①
シガーソケットを固定してるタイラップが外れても対応できる配線の取り回しをして

タンクの下を通し(タンクを外す時の事も考えて通してね!)
配線取り回し②

配線取り回し③
バッテリーまわりで少し余裕を持たせて残った配線はぶった切ります。末端はキボシ加工で。

自作の配線図を見つつ、どう取り回すか考え中…使うカプラは赤○ですよ!!(確かめ方はカプラ外すとライセンスランプが消えるかどうかチェック)
配線加工①

とりあえずバッテリーまわりはこんな感じで
バッテリー箇所

ここで注意!

バッテリーから配線外す時はマイナス外してプラス外す順番です!
取り付けはプラス付けてマイナス付ける順番です!


配線の末端を処理して共締めに決定。バッテリー端子の保護カバーも加工しないで、ちゃんとカバー出来るようにうまい事カバーの中に配線を通しました。

配線加工②
(ヒューズボックスじゃなくてヒューズホルダーですorz)

リレーはフレームにタイラップ固定、その他配線のキボシ部分はビニテでぐるぐる巻きにしてうまい事格納。
まわりにはショートする金属が沢山あるので丁寧に、慎重に、確実に処理していきます。狭くてもケーブルに負荷のかかることが無いように...もちろん極性があってるかテスターで確認してから処理してください。


ここまで来ればあとはシガーソケットに適当な機材をつけてちゃんと電気が通ってるか確認して完了です。
あとはカウルを外した順と逆の順でつけていくだけです。


最後にバッテリーを外してリセットされたメーターの時刻を調整して取り付けミッション終了!
取り付け完了!





自分の運用方法は

シガー延長ケーブル(SEIWA F124)を使い
Seiwa F124



シガーから2.1A+1AのUSBポートとシガーにするアダプタ(LPA-CC2U02S)を繋いで
LPA-CC2U02S.jpg

モトフィズのタンクバック(MFK-084)に入れて使用しています
MFK-084.jpg
使用しています


こんな感じ
使用例①
シガー延長ケーブルは白忍君に合わせて長さを短く調整してます。


使用例②
バックの中はこんな感じ。タブレットとwifiルーターを繋げるのにこのシガーアダプタが必要なのです。
何か機材が増えても対応できるように更にシガーも備えてる優れモノのアダプタです。



これで方向音痴でも勝つる!と思っていましたが…という話に戻るわけですが…機材の致命的な弱点を忘れておりまして

バイクで夏場の気温+直射日光の悪条件が重なったタブレット
更に更にGPS使用+バックライトMAXの発熱コンボ


これに耐える機材なんざ無いでしょうorz
ええ、保護回路が働いて1時間も使えば勝手に切れます(泣)
画面消してNexus7で音楽聞くくらいなら全く問題ないんですがね、どうしても画面つけてGPS動かすと切れますね…

これを改善させるには
・Nexus7をハンドルマウントさせる
・カーナビを増やしてハンドルマウントさせる。
・タンクバッグに冷却機構を付ける(ペルチェ素子とか強制冷却系、空冷は多分アウト)


3番目は現実性がないので上のどちらかしか選択肢はなさそうです。いずれにせよハンドルマウントは必至になりそうな予感。。。そして財布が軽くなる予感。。。orz


どげんかせんといかん!という事で、今回はシガーソケットの取り付けのみメインとなりました。
アクセサリも宜しければ参考してみてくださいな♪


ではでは今回はこれで

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

Ninja250 オイルフィルターとオイル交換

初めてのバイクいじりはオイル交換から。

最初はZ4の時と同じくバイク屋に全部任せちゃおうかって事で色々進めていたのですが、折角自分のバイクを持ったのだからやってみるのも楽しいかも…


___しかし!オイル何買えばいいかわかんねぇ!



っていうのが第一の関門orz


はーとりあえずシコシコ取扱い説明書みるべぇー…

オイル交換時期


オイル交換が簡単…よっしゃそれならやってやろうじゃないか!
ふむふむ、走らせる環境に合わせてオイルを選んであげるのね。一回の交換で3000km走るとして、とりあえず今変えたら秋口位まで持つだろうから、夏真っ盛りを想定しなくては。


私の住んでる地域は
アツいぜ!
クッソアツい地域なので、40℃以上も対応してる『SAE 10W-50』を買っとくのが確実かねー


ということで。


カストローッ



カストロールの
何でカストロールかって?響きがかっちょええからや!
Power_1_Racing.jpg
『Power1 Racing 4T 10W-50』をチョイス。(画像が20Lなのは突っ込まないで下さい><)

あとはオイル処理ボックスをいくつか誤発ちゅ(ゲフンゲフン                    数量100じゃなくてよかった...
オイル処理ボックス




すんませんでした真面目にお品書き(工具も何も持ってない人向け)
・オイル(10W-40とか10W-50、走行環境に合わせて)
 これがなきゃ始まらないですよ奥さん!なんだって?サラダあb(ry
 私は3000km毎で交換予定です。取扱説明書だと6000km毎とか…大丈夫かなぁ…?
・廃油処理ボックス
 Ninja250はオイルフィルター交換含めても2.5ℓ用で対応できます。あと10箱もいりまs(ry
・DAYTONA オイルジョッキ (型番:70251)
 オイル測って入れるのに便利です。安いから買っといて損はナシ
・DAYTONA オイルフィルター (型番:67927)
 DAYTONAより67927で大丈夫ですよ!と教えて頂いたので間違いないですヨ。交換頻度は私はオイル交換2回中1回は交換予定です。取説説明書だとオイル交換3回中1回のようです。
・DAYTONA ドレンワッシャ (型番:75395)
 3つ入ってます。ワッシャは使いまわしちゃあかんようです(2りんかんのおにいさん談)
・DAYTONA オイルフィルターレンチ (型番:36376)
 オイルフィルター外すのに使います。ゴリラ並みの握力があれば素手でも?( (ヾノ・∀・`)ムリムリ )
・17mmのロングなメガネレンチ
 私はKTC 45°×6°ロングめがねレンチ (型番:M5-1417)をお勧めします。使いやすかった!
 上記のレンチでオイル交換は全部対応できます。
・六角レンチセット
 カウル外さないとオイルフィルター交換しづらいんですよ。オイル交換だけなら外す必要無しです。
 カウル外す時も複数種類の六角レンチが必要なので買っといて正解
 個人的にお勧めはgrungeのレンチセットです(型番:grunge-hex-wrench)
・ウエスとかボロ布とか
 垂れたオイルや掃除する時に使うのでテキトーで。しいて言えばキムタオルとか繊維が出にくい方がいいカモ?
・時間
 まったりやるには1時間は用意した方が…え?10分で十分だって?
 
以上!揃えると結構なお値段するのねー(ヽ´ω`)



じゃぁはじめましょ♪オイル交換とオイルフィルター交換です。

まずドレンボルトの位置の把握から。右から下をのぞくと
オイル交換①

こんな景色が見えるはず。赤丸のボルトを緩めるとオイルがダバァっと出てきます。
放射状に出てくることを想定して廃油ボックスをセット。
オイル交換②

残尿感のあるかの如くチョロチョロ出てきますねコレ。ここでワンポイント



オイルフィルターを交換する場合はここでオイルを出し切る必要はありません!


オイルフィルターを交換する場合はここでオイルを出し切る必要はありません!

大事な事なので2回(ry


オイル交換③
オイルを抜いてる間に左のアンダーカウルを外していきます。黄色丸はリベットなのでマイナスドライバーでうまいことこじって取り外します(外し方は各自調べてね!無理やりこじって壊さないようにネ)
赤色丸は六角レンチで外します。これでアンダーカウルが外れます。



何で外したかって?そりゃー…
オイル交換④
アンダーカウル外さないとオイルフィルター取れませんよ…
上の写真の通り、オイルフィルターを外した時にオイルフィルターに残っていたオイルが滴り落ちても大丈夫なようにいオイル処理ボックスをオイルフィルターの下に移動してます。


あーやっぱり垂れてきた…ってあれ・・・・・


オイルフィルタ⑤



出し切ったはずなのに!?



オイルフィルタ⑥
オイルフィルターを外したらまたオイルが出てきました。だからオイルフィルターを交換する時は最初にオイルを出し切る必要がないんですよorz
オイルフィルターを取り外したらバイクに跨り右に傾けたり左に傾けたりしてオイルを少しでも出し切ります。これやるだけでも意外と出てきますヨ。

オイルフィルタ⑦
黄色い丸の所にてけとーにオイルを塗りたくり装着。
トルク管理をされる方はここは17.5N・m(1.78kgf・m)で締め付けて下さい。

フィルターを取り付け終えたらドレンボルトガスケットの新品とドレンボルトを取り付け。
トルク管理をされる方はここは19.6N・m(2.00kgf・m)で締め付けて下さい。

フックスタンド持ってたらここでスタンドがけしてバイクを直立にします。(量は決まってるケド、確認がしやすい)

オイルを入れる量は
フィルタを取り外してない状態で2.0L
フィルタを取り出した状態で2.2L


です。2.2Lはかって入れたのにオイルレベルを見ると足りない…測り売りでオイルを買われる方は2.5L買っといたほうがいいかもです。


エンジン回して問題なければアンダーカウル取り付けて完了!



オイルを変えた後の乗り心地は…



正直変化がわかりません!(´;ω;`)





別にいいんや!これで夏を乗り越え秋口まで頑張ってもらえば!






…なんて考えながら交換したのが5月頭、しかし5月末には…






オイル交換⑧


さーてまたシコシコオイル交換すっべさぁ!   …orz





最後に、この記事はシロートがサービスマニュアル片手にやった事なので、参考程度に見てもらうだけに留めた方が宜しいかと思いますはい



ではでは。。。

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

メンテナンススタンド

これから自分でメンテナンスしていく上であったほうがいい物のご紹介。

知らない方の方が少ない?メンテナンススタンドです。 私はカメテツ君からバイク用スタンドがある事を教えてもらいましたが^^;


2013年式Ninja250には旧型と同じくスイングアームにフックボルトを取り付けられるように穴があります。
旧型と同じ設計かkawasakiのお客様相談窓口に聞いた所、「恐らく旧型と同じなので旧式で確認が取れてるフックボルトなら大丈夫でしょう」との事。それなら・・・

メンテナンススタンド①
J-Tripのメンテナンススタンドが使えますね。メンテナンススタンドの型番はJT-125WTです。あわせてフックボルトを受ける為のフックの部分も購入する必要があります。こちらの型番はJT-107Aです。

フックボルトはJT-107Hを購入。パッケージの対応一覧にもNinja250が記載されてます。ボルトはM10のピッチが1.25みたいですね。フックボルト?ただのボルトで十分!って方は参考にしてくださいな。
取り付けは六角レンチひとつで十分・・・と思いきや、工具以外にも色々必要ですよコレ。

ボルトの規格は合ってるはずですが、ネジ山にも塗装が乗ってるのかボルトがスムーズに入っていきません。
最初は規格(ピッチ)が違うのかと思いましたが、ホムセンで見る限りM10でピッチが1.25以下のボルトは無さそうです。ネジ山を潰さないかハラハラしつつボルトとネジ穴にオイルを塗って締めては緩め、締めては緩め、たまにパーツクリーナーでネジ穴を綺麗にして麺棒で鉄屑を取り除いてを繰り返しながらボルトを入れていくと、塗装が剥がれて綺麗な金属面が出てきました。

メンテナンススタンド②
きれいにしてもスムーズに入る事は無かったですが、ネジ山は潰れてなかったので大丈夫でしょう!
まぁ一気にボルトを締めこむのはやめたほうがいい気はします、結構鉄屑みたいなの出ましたし。
それでも心配な方はK-FACTORYさんから2013年式Ninja250専用フックボルトが販売されてますのでそちらを購入してみるのが良いかと。

メンテナンススタンド③
フックボルト受けをメンテナンススタンドに取り付けて準備完了!・・・て、あーこの写真のフックボルト受けは左右逆に取り付けてますね^^;正確にはスタンドを掛けた時長いほうが前に来ます。

スタンドの掛け方、外し方はJ-Tripさんのサイトに載ってる動画を見るのが手っ取り早いですヨ。

まぁ折角ですし簡単に・・・

メンテナンススタンド④
まず、サイドスタンドは払う事は一切ありません!出しっぱなしでOKです。

・バイクはサイドスタンドで支えられてる状態でメンテナンススタンドのフックボルト受けをフックボルトにあてがう感じでセット。メンテナンススタンドは斜めになってるけどキニシナイ。

・バイクの右に立って少しずつバイクを直立させる。

・右手はグリップ、左手はタンデムステップの根元辺りをがっしりつかんで足でメンテナンススタンドを踏み込みつつ左手を上に持ち上げるとアラ不思議!顔を真っ赤にしなくても比較的軽々スタンドを掛けられます。

メンテナンススタンド⑤

これでメンテナンスが捗りますね!Ninja250オーナーさんは是非とも導入を!

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

サービスマニュアル?

バイクを整備しようにも知識が無い!洗車しか出来ない!
これじゃーオイル交換も出来ないのでマニュアルか何かを手に入れるしかない!


という訳で検索開始・・・



自作パソコンを始めて組み立てるために組み立てマニュアル(雑誌)があるように、バイクもちゃんとマニュアルがあるんですねー


kawasakiさんの公式ページに2013年モデルNinja250のサービスマニュアルの品番とお値段が出ておりました。
品番は99925-1260-01ですね。


サービスマニュアル


はははっせんえん!?( Д ) ゚ ゚


なんてこったい、マニュアルなんてせいぜい高くて3000円位で買えると思ってたぽ...




はっせんえーん!高いけど買わないと何も分からないしなぁー・・・よーし



マニュアル①


うむ、コレがあれば安心!(だと思う...)




マニュアル②



あーこれは・・・


マニュアル③



オイル交換の為に買うもんじゃないわorz




パソコンの自作マニュアルで言うとCPU、メモリの作り方、から書いてるみたいな?(笑)





さーてシコシコオイル交換すっべさぁ!

テーマ : 日記
ジャンル : 車・バイク

こんぬつわ!(`・ω・´)

Mack

Author:Mack
ようこそ!

|ω・)ノ 覗いてくれた人達
面白い人達
最近の更新
カテゴリ
最近のコメント
記事一覧

2014年 08月 【1件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2013年 12月 【2件】
2013年 11月 【2件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【5件】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。